復興を祈念し、吉祥の想い閉じ込めた

復興を祈念し、吉祥の想い閉じ込めた

祢保希 7寸 鍔大 210DM15青2(7+青2+7)

http://www.toyokuni.net/shop/netshop-details.php?ino=ken1803-001-01&sno=2

『袮保希(ねぼけ)』とは、梵語で「長寿」、「幸せ」という意味。

今の国難ともいうべき現況の中、

土佐の若き匠、四代目・豊国が東日本の復興を祈念し鍛えた

鎮魂の《腰刀『祢保希』7寸》。

刃となる鋼に高純度炭素鋼、

日立安来鋼青紙二号を古式伝統に則り鍛造。

ダマスカス鉄と鋼を15回打ち合わせ、

青紙二号を片面7層で挟み込み鍛えたダマスカスの刀身は、

その切れ味、耐久性で土佐刃物最高峰といえよう。

扱いやすい六寸というバランスのよさと操作性は、

まさに豊国の真骨頂。





This entry was posted in 農山林刃物. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>