土佐自由鍛造が生み出した凍れる刃紋と抜群の切れ味

土佐自由鍛造が生み出した凍れる刃紋と抜群の切れ味

昇龍開運刀一尺 昇龍黒金漆柄皮ケース

http://www.toyokuni.net/shop/netshop-details.php?ino=syouryu-001&sno=2

土佐自由鍛造が生み出した凍れる刃紋と抜群の切れ味

土佐四代目豊国が土佐オリジナル白鋼を土佐自由鍛造法で制作した一振り。

一尺両刃となっていおり、左右関係なく用いることができる。

自由鍛造法とは、日本刀の作刀技術から発展したもので、

地金を鎚打ちによって繰り返し鍛え上げる手法。

経験とそれに基づく勘によって切れ味と粘りは生み出される。

迫力に満ちた切先、凍るような刃紋は究極の切れ味の証。

本作をご所蔵いただけば、名工の魂を感じ取っていただけることだろう。

昇龍を繊細に手彫りした上で、金彩を施した鎬はまさしく芸術的。

「豊国作」の刻も堂々たる風格を醸している。

本作の美しさを際立たせるのは、上質な樫の木を用いた柄。

花吹雪が舞うような黒金散らし模様はお手にする度に

偉才の作であるとご実感いただけることだろう。

鞘は牛革メッシュ編み模様を型押しするこだわりようだ。

金の龍は四神獣に数えられ、東方を守護するとされ、

財運隆盛や良き人脈を呼び込むと伝えられる。

This entry was posted in 農山林刃物. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>